とばやま歯科クリニック

ご予約・お問合せ
0467-53-8217

とばやま歯科クリニック

MENU
専用駐車場について
休診日・診療時間について

審美歯科

Costmetics

24時間ネット予約

専用駐車場について

休診日・診療時間変更のお知らせ

審美歯科とは

審美歯科

審美歯科とは、歯の美しさに重点に置いた総合的な歯科治療のことです。単に歯をきれいにするだけでなく、長期に渡って機能させる事も目指して治療をおこないます。

美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者様とよく相談した上で治療を行います。

クラウン(被せ物)について

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類(保険適用)

硬質レジンジャケット冠、CAD/CAM冠
硬質レジンジャケット冠、CAD/CAM冠

全体が硬質レジンという歯科用のプラスチックでできているクラウンです。安価ですが、割れやすく汚れも付きやすいというデメリットがあります。

硬質レジン前装冠
硬質レジン前装冠

中身は金属で、表面の見える部分のみレジン(プラスチック)が貼られているクラウンです。金属を使うことで強度もあり、保険が適用されるので安価ですが、表面がレジンを使用しているので汚れの付着や着色は起こりやすいです。

銀歯
銀歯

全体が金属でできているクラウンです。金属でできているので強度があり、保険の適用により安価に作ることができますが、金属の溶け出しによる歯茎の変色や金属アレルギーの可能性があります。

クラウンの種類(保険適用外)

メタルボンドクラウン
メタルボンドクラウン

中身は金属でできており、見える部分だけセラミックを貼って作られたものです。見た目も良く変色しません。

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン

内側も外側もすべてセラミックで作られたクラウンです。見た目が自然で変色もなく、長期にわたって健康的で白い歯の輝きを保ちます。

ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックを混ぜて作られたクラウンです。オールセラミッククラウンよりやわらかくクラウンがすり減るため、周りの歯に多少ダメージを与えないのが特徴ですが、色合いは少し劣り、経年で変色する場合があります。

ジルコニアボンドクラウン
ジルコニアボンドクラウン

メタルボンドの内面の金属の代わりに、白色のジルコニアを使用したものです。金属を一切使用しないので、金属の溶け出しによる歯茎の変色や金属アレルギーの心配がありません。クラウンの中で最も審美性に優れます。

ゴールドクラウン
ゴールドクラウン

金合金や白金加金などの貴金属を使ったクラウンです。金属なので見た目は劣りますが、適合が非常によく、ほとんどの部位に使用することができます。

フルジルコニアクラウン
フルジルコニアクラウン

内側も外側もすべてジルコニアで作られたクラウンです。金属の溶け出しによる歯茎の変色や金属アレルギーの心配がありません。

被せ物の土台

むし歯の進行が進んでいると元々の歯を多く削ることになるので、被せ物を支える部分がなくなってしまいます。このような場合、被せ物を支えるために、「コア」と呼ばれる歯の土台を設置する必要があります。

メタルコア
メタルコア

保険で欠損の大きい歯の治療をする場合はほとんどがこのメタルコアを使用します。一般的に銀合金が使われており、保険が適応されるので安価で作ることができますが、金属のくさび効果で根が割れてしまうことがあります。

レジンコア
レジンコア

レジン(歯科用プラスチック)で作られた土台です。メタルコアと同じく保険が適応されるので安価に作れますが、奥歯で強い力がかかる部分や、深いむし歯がある部分には使えない場合があります。

ファイバーコア
ファイバーコア

レジンにファイバー(ガラス繊維強化樹脂)の芯を入れたものです。素材のしなる性質から根が割れる可能性を低くすることができ、オールセラミックなどの被せ物をするときに審美的に有利です。

インレー(詰め物)

保険適応のインレー

コンポジットレジンインレー
コンポジットレジンインレー

むし歯を削った後にコンポジットレジンという歯科用プラスチックを詰める方法です。歯の色に似ているので見た目が良く、保険が適用されるので安価ですが、経年で変色が起こったり、強度が強くないので欠けたり割れたりすることがあります。

メタルインレー
メタルインレー

銀色の金属の詰め物で、主に奥歯など噛み合わせによって力が加わりやすい部分に使用します。保険の適応によって安価で作れますが、見た目が悪く、金属アレルギーの可能性があります。

保険適応外(自費)のインナー

セラミックインレー
セラミックインレー

セラミック(陶器)でできた詰め物です。白くて見た目が良く、ほとんど変色しないのが特徴です。ただし、厚みがあるので歯を削る量が多く、金属の詰め物と比べると割れやすいといったデメリットがあります。

ハイブリッドセラミックインレー
ハイブリッドセラミックインレー

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材で作られた詰め物です。硬すぎないので周りの歯を多少いためにくいのが特徴ですが、厚みがあるので歯を削る量が多く、強度もやや劣ります。また、レジンを使用しているので多少の経年変色の可能性があります。

ゴールドインレー
ゴールドインレー

金合金や白金加金で作られた詰め物です。適合が良く、金属の溶け出しによる歯茎の変色や 金属アレルギーの可能性が低いというメリットがありますが、金属なので見た目は劣ります。